購入した後は水通しをしましょう

出産準備をしていると、肌着や洋服など、赤ちゃんが身に着ける衣類の水通しが必要になります。初めて出産をするお母さんにとっては、水通しは初めて聞く言葉かもしれません。水通しとは名前の通り、赤ちゃんが身に着ける肌着や洋服などを洗剤を使用せずに水洗いすることです。肌着や洋服の他には布おむつやガーゼハンカチ、タオルや靴下、帽子やミトン、布製のおもちゃなども水通しの対象になります。

なぜ水通しが必要なのか?ですが、新品の肌着や洋服には糊がついていることがほとんどです。この糊は赤ちゃんの肌にとって刺激となってしまう可能性があるので、水洗いをして糊を除去します。また、販売されている衣類には防虫のためにホルムアルデヒドが使用されていることがあります。ベビー服から直接ホルムアルデヒドが検出されることはないのですが、他の布製品についている場合は空気移染によってついてしまう可能性があります。ホルムアルデヒドは水に溶けやすい性質を持っているので水通しをすることで除去することができます。この他にも、汗を吸収しやすくするため、生地を柔らかくするために水通しが必要になります。出産前のお母さんの体調が良い時に天気の良い日を選んで、水通しをしておくようにしましょう。

コンビ肌着の素材選び

赤ちゃんの肌着の中でも、特に新生児の肌着は縫い代が表向きに出てたり、タグは外側に出ている、首の周りはパイピング処理が施されていて首や顔への刺激を軽減したり、肌に金属が当たらないようにスナップではなく紐で留めるタイプなどがほとんどでデリケートな赤ちゃんの肌に優しく作られています。そこで赤ちゃんの肌着を選ぶ際には、素材にも注目して選ぶようにしましょう。

まず赤ちゃんの肌着を選ぶ際には、肌着はどんな役割を持っているのか知っておきましょう。赤ちゃんにとって肌着は、最も皮膚に当たり、常に着ているのでベビー服よりも大切な衣服です。汗を吸収する、体温調節をする、肌に刺激が少ないなどを考えて、肌着の素材を選ぶことが大切です

コンビ肌着の素材としてよくあるのが、ガーゼや天竺、フライスなどです。さらっとした肌心地で、吸湿性や伸縮性、通気性がいいので、汗をよくかく赤ちゃんの肌着に適した素材です。洗濯をしても乾きやすく、一年を通して使用することができます。また気温が下がる冬場などには、パイル生地やスムース生地、エアーニット生地などが保湿性が高く、保温性に優れているのでエアコンをつけていない室内や外でも暖かく過ごすことができます。ちなみに、新生児・ベビー服通販《Chuckle BABY》では、通年で着れる素材の肌着を販売しています。参考にしてみてはいかがでしょうか。

コンビ肌着はこんな時に便利!

腰のあたりまである短肌着です。一年を通して赤ちゃんに着せることができる肌着で、着物のように胸元で合わせて紐で結ぶタイプの肌着です。生まれた季節が冬など気温が下がることが多い場合は、これに足元までの長さのある長肌着を使用します。短肌着も長肌着も、足元はスカートのようになっているので、動きが少ない新生児であれば問題なく使用することができるのですが、月齢が進むに連れて、赤ちゃんは元気よく脚を動かすようになります。バタバタと脚を動かすことで、スカートにようになっている短肌着や長肌着では、裾がめくれてしまいます。裾がはだけてしまうと、足元やお腹が冷えてしまうことがあるので、そんな時に便利に使用することができるのが、コンビ肌着です。

コンビ肌着は長肌着と同じぐらいの長さで、外に向かって裾が広がったつくりになっています。赤ちゃんの脚の開き方に合わせてスナップ留めがついているので、赤ちゃんが元気に脚を動かしてもはだけにくくなります。だいたい3ヶ月ごろになると、赤ちゃんが起きている時間が長くなり動きも活発になってくるので、長肌着からコンビ肌着に変えるタイミングと言えます。赤ちゃんの肌着の基本となるのが、コンビ肌着は裾が長いので、短肌着の上に着せて洋服のような役割を果たすこともできます

新生児肌着の準備をする時に出てくるコンビ肌着とは

出産をした病院などに入院をしている間は、赤ちゃんは病院が準備した肌着やベビー服を着ていることが多いのですが、退院する日には自分で準備した肌着やベビー服を着せて自宅に帰ることになります。ですから出産を迎えるお母さんやその家族は、出産前から赤ちゃんを迎えるための様々な準備をしなければなりません。

出産準備をしようとベビー用品店に行くと、赤ちゃんのための用品がたくさんあって、驚いたという人もいるのではないでしょうか。妊婦さん向けの雑誌やウェブサイトなどでは、こんなに必要なの?と驚くほどの出産準備リストなどがあります。ベビーベッドやベビーバス、ベビーカーやチャイルドシートなどの大型のベビー用品から、哺乳瓶や消毒セット、ガーゼハンカチやスタイなど赤ちゃんが直接口をつけたり、身につけたりするものまで、出産準備のリストは様々です。そんな中で初めて赤ちゃんをお迎えするお母さんが悩むのが、新生児肌着についてです。ベビー用品店にいくと、様々な名称でいろいろな種類があってどれにしたらいいのかわからないと思うお母さんも多いようです。

赤ちゃんの肌着で一般的なのが、短肌着、長肌着、そしてコンビ肌着です。それぞれいつ着せたらよいのか、いくつか組み合わせて着せるものなのか、初めての場合は特に混乱してしまいます。そこでここでは、赤ちゃんの肌着の中から、コンビ肌着の特徴や使い方、使う時期など、コンビ肌着について詳しくご紹介させていただきます。