購入した後は水通しをしましょう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

出産準備をしていると、肌着や洋服など、赤ちゃんが身に着ける衣類の水通しが必要になります。初めて出産をするお母さんにとっては、水通しは初めて聞く言葉かもしれません。水通しとは名前の通り、赤ちゃんが身に着ける肌着や洋服などを洗剤を使用せずに水洗いすることです。肌着や洋服の他には布おむつやガーゼハンカチ、タオルや靴下、帽子やミトン、布製のおもちゃなども水通しの対象になります。

なぜ水通しが必要なのか?ですが、新品の肌着や洋服には糊がついていることがほとんどです。この糊は赤ちゃんの肌にとって刺激となってしまう可能性があるので、水洗いをして糊を除去します。また、販売されている衣類には防虫のためにホルムアルデヒドが使用されていることがあります。ベビー服から直接ホルムアルデヒドが検出されることはないのですが、他の布製品についている場合は空気移染によってついてしまう可能性があります。ホルムアルデヒドは水に溶けやすい性質を持っているので水通しをすることで除去することができます。この他にも、汗を吸収しやすくするため、生地を柔らかくするために水通しが必要になります。出産前のお母さんの体調が良い時に天気の良い日を選んで、水通しをしておくようにしましょう。

Published by