コンビ肌着の素材選び

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

赤ちゃんの肌着の中でも、特に新生児の肌着は縫い代が表向きに出てたり、タグは外側に出ている、首の周りはパイピング処理が施されていて首や顔への刺激を軽減したり、肌に金属が当たらないようにスナップではなく紐で留めるタイプなどがほとんどでデリケートな赤ちゃんの肌に優しく作られています。そこで赤ちゃんの肌着を選ぶ際には、素材にも注目して選ぶようにしましょう。

まず赤ちゃんの肌着を選ぶ際には、肌着はどんな役割を持っているのか知っておきましょう。赤ちゃんにとって肌着は、最も皮膚に当たり、常に着ているのでベビー服よりも大切な衣服です。汗を吸収する、体温調節をする、肌に刺激が少ないなどを考えて、肌着の素材を選ぶことが大切です

コンビ肌着の素材としてよくあるのが、ガーゼや天竺、フライスなどです。さらっとした肌心地で、吸湿性や伸縮性、通気性がいいので、汗をよくかく赤ちゃんの肌着に適した素材です。洗濯をしても乾きやすく、一年を通して使用することができます。また気温が下がる冬場などには、パイル生地やスムース生地、エアーニット生地などが保湿性が高く、保温性に優れているのでエアコンをつけていない室内や外でも暖かく過ごすことができます。ちなみに、新生児・ベビー服通販《Chuckle BABY》では、通年で着れる素材の肌着を販売しています。参考にしてみてはいかがでしょうか。

Published by